国民健康保険の各種医療証について

特定疾病療養受療証、限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証、国民健康保険高齢受給者証等の交付について

■特定疾病療養受療証の交付

次の方に発行します。
・人工透析を行う必要のある慢性腎不全を患っている方。
・血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害又は先天性血液凝固第9因子障害(血友病)。
・抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(AIDS)
この受領証をお持ちの方は、1ヶ月の患者負担金限度額が10,000円となります。
 
 必要なもの
 ●印鑑
 ●医師の診断書
 ●国民健康保険証

※一定以上所得者についての負担金限度額は20,000円となります。

■限度額適用認定証

70歳未満の方が通院または入院した際、医療機関に認定証を提示することにより、窓口での支払いが、高額療養費の限度額までとなります。あらかじめ交付申請してください。
 
 必要なもの
 ●印鑑
 ●国民健康保険証

■限度額適用・標準負担額減額認定証

同じ世帯の方が全員、住民税非課税のときに交付を受けることができます。
通院または入院した際、医療機関に医療証を提示することにより窓口での支払(自己負担限度額と食事代)が限度額までとなります。あらかじめ交付申請してください。

 必要なもの
 ●印鑑
 ●健康保険証

■国民健康保険高齢受給者証の交付

70歳以上75歳未満の方は、国民健康保険高齢受給者証を発行します。満70歳になった月の翌月から対象となります。ただし1日生まれの方はその月から対象となります。 対象者には国民健康保険高齢受給者証を郵便で送ります。

※後期高齢者医療被保険者証の交付

75歳以上の方(65歳以上75歳未満で一定の障がいのある方も含む)は、平成20年4月1日から「後期高齢者医療」制度へ移行しました。詳しくは後期高齢者医療制度についてをご覧ください。

お問い合わせ先
健康課 国保医療室
kenkou@city.shinjo.yamagata.jp