2015koho03s
5/20

■萩野学園教育目標教育目標 9年間のかかわりの中で、望のぞみをもち、自らを高め、真摯にたくましく、生きぬく萩野の子どもを育てるスローガン・めざす子ども像○望(まなび)仲間とともに主体的に学びつづけようとする子ども○友(かかわり)豊かなこころをもち、意欲的に自分らしい未来を築こうとする子ども○汗(いのち)忍耐強く、健康でたくましく生きようとする子ども○ふるさとふるさとを愛し、進んでかかわろうとする子ども■萩野学園制服 中期ブロックの5年生から制服を着用します。制服は、3つボタンのブレザータイプです。1年生から4年生についても、制服の着用を推奨しています。うホームベースルーム(HBR)も設置し、学級集団への帰属意識や生徒の居場所づくりを行います。④異学年交流の推進 9年間を通して、異学年交流を意図的に組み込んでいきます。特に運動会や文化祭などの学校行事や遠足などに、4‐3‐2のブロック同士で、縦のつながりを重視した活動を取り入れます。また、ランチルームを利用した異学年グループでの給食などを通して、最近は少なくなってきたと言われる異学年交流を進め、子どもの社会力向上をめざします。◎学校教育課☎内線4445広報中期●③年間8・9年生(中学2年生~3年生)後期●②年間活用期発展期キャリア教育や発展学習などで自分の生き方を考えたり、これまで身につけたことを発展させたりすることを重視し、自ら課題を見つけ解決する力の育成を図ります。風にこの春、 萩野学園開校!03

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です