メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 新型コロナウイルス緊急経済対策 > 新型コロナウィルス感染症の影響にともなう年金関連のお知らせ

新型コロナウィルス感染症の影響にともなう年金関連のお知らせ

国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時特例手続き

令和2年5月から、新型コロナウィルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などにより収入が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除の手続きが可能になりました。
具体的な手続きについては、日本年金機構のホームページをご覧ください。
申請場所は、住所地の市区町村・お近くの年金事務所です。

1.対象となる方

 臨時特例による国民年金保険料の免除・猶予及び学生納付特例は、以下の2点をいずれも満たした方が対象になります。

 (1)令和2年2月以降に、新型コロナウイルスの感染症の影響により収入が減少したこと
 (2)令和2年2月以降の所得等の状況から見て、当年中の所得の見込みが、現行の国民年金保険料の免除等
     に該当する水準になることが見込まれること

2.対象期間

 令和2年2月分以降の国民年金保険料が対象となります。

3.申請の受付開始日

 令和2年5月1日

4.申請に必要な書類

 年金手帳
 国民年金保険料免除・納付猶予申請書
 所得の申立書(臨時特例申請を希望する場合は必ず提出してください)




国民年金保険料の学生納付特例手続き

新型コロナウィルス感染症の影響により、学生証の発行が遅延しているため、学生証等がお手元にない場合は、申請書の備考欄に「学生証発行遅延のため後日送付」と記入した上で申請書をご提出ください。また学生証等がお手元に届きましたら、学生証のコピーを速やかにご提出ください。

1.申請に必要な書類

 年金手帳
 国民年金保険料学生納付特例申請書
 学生証の写しまたは在学証明書(原本)
 所得の申立書(臨時特例申請を希望する場合は必ず提出してください)




【障害年金等を受けている皆さまへ】
障害状態確認届(診断書)提出期限の延長のお知らせ

新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえ、障害年金診断書の提出期限を1年間延長します

▶令和2年2月末から令和3年2月末までに提出期限を迎える方について、提出期限をそれぞれ1年間延長します。
▶対象期間に該当する方については、延長前の提出期限までに診断書を作成・提出いただく必要はありません。

診断書提出期限の延長の内容

対象者:令和2年2月末から令和3年2月末までに提出期限を迎える方
延長後の提出期限:現在の提出期限の1年後
※なお、延長後の提出期限前に症状が悪化した場合は、増額改定の請求を行うことができます。
 *障害等級3級で65歳以上の方は請求できない場合があります。

既に診断書を提出された方について

対象者のうち、既に診断書を提出いただいた方については、診断書を審査した上で、不利益にならないよう、以下の取扱いとさせていただきます。

▶障害等級継続または増額改定と判定された場合は、延長前の提出期限の翌月から、判定結果を反映します。
▶減額改定・支給停止と判定された場合は、現状の支給を継続し、延長後の提出期限時に、再度、診断書を提出いただき、審査・判定を行います。

 お問い合わせは、お近くの年金事務所や年金相談センターまでお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ先

市民課
〒996-8501 山形県新庄市沖の町10番37号
電話番号:0233-22-2111(代表)
ファクス番号:0233-22-0989

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページに対する意見等を聞かせください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。