メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種 > 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種についてのお知らせ

 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種については、予防接種法に基づき、国の指示のもと、市町村が実施することとなっています。

今後のスケジュール(令和3年2月時点)

 原則として、新庄市に住民票のある方が接種の対象となり、以下の優先順位により接種を受けていただく予定です。
 今後、ワクチンの供給量・供給時期等によって、変更になる場合があります。

優先
順位
対象者 接種券発送時期の見込 接種開始時期の見込
1 医療従事者等※1 3月
2 高齢者(65歳以上)※2 3月下旬 4月以降
3 高齢者以外で基礎疾患を有する方や
高齢者施設等の従事者
4月以降 未定
4 1~3以外の方

※1 山形県が主体となり、優先的に接種が行われます。
※2 昭和32年4月1日以前に生まれた方

接種回数

 2回接種(ファイザー社製ワクチンの場合は3週間隔)

接種を受けられる場所

 集団接種:新庄市民文化会館
 個別接種:具体的な医療機関は調整中です。

接種を受けるための手続き

 市から「接種券」が届きましたら、電話やインターネットで接種可能な日時と会場を確認し、予約した後に、接種を受けることを予定しています。

接種を受ける際の同意

 ワクチンの接種は、強制ではありません。
 接種を受ける方には、接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただくこととなります。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
 接種について不安のある方は、事前に主治医等とご相談ください。

接種後の健康観察

 アナフィラキシーショックなどの急激なアレルギー反応の出現に備えるため、接種後は会場で30分程度の健康観察を行いますので、時間に余裕を持った予約をお願いします。

接種を受ける際の費用   

 無料

相談体制

 コールセンターを3月中に開設する予定です。
 電話番号等は決まり次第お知らせします。

接種による副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

関連リンク

厚生労働省 新型コロナワクチンについて(外部リンク)(新しいウィンドウが開きます)

このページに関するお問い合わせ先

健康課
〒996-8501 山形県新庄市沖の町10番37号
電話番号:0233-22-2111(代表)
ファクス番号:0233-22-0989

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページに対する意見等を聞かせください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。