メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 新型コロナウイルス緊急経済対策 > 【新型コロナ】新庄市営住宅家賃の減免に関する取扱いについて

【新型コロナ】新庄市営住宅家賃の減免に関する取扱いについて

 新庄市営住宅入居者で新型コロナウイルス感染症の影響等により失職又は収入が著しく減少した方は、
現在の家賃を一定期間減免できる場合があります。

対象者

 入居者、または世帯員が新型コロナウイルス感染症の影響等により失職又は収入が著しく減少した方

手続き

  • 収入が低下したことを証明する書類(勤務先の発行する給与明細書、退職証明書等)のほか、所定の書類を添えて申請する必要があります。
  • 減免期間は原則、申請の当該月から3ヶ月とします。減免期間終了後も減免の適用を受けるには更新の手続きが必要です。
  • 世帯の状況によって必要書類は異なります。詳細は下記担当まで相談ください。

注意事項

  • 決定家賃の区分(収入分位)によって、基準額、減免額(割合)は異なります。
  • 収入額や世帯状況によっては、減免の対象とならない場合があります。
  • 生活保護の住宅扶助を受けられる場合は対象になりません。
  • 郵送での手続きも受け付けておりますが、世帯の状況によって必要書類は異なりますので、事前にお電話でご相談ください。
  • 郵送でのお手続きの場合、申請書は郵送いたします。

お問い合わせ先

 新庄市都市整備課 建築住宅室 電話0233-29-5821(直通)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページに対する意見等を聞かせください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。