メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > ライフシーン > 地元就職を希望する学生の奨学金返還を支援します

地元就職を希望する学生の奨学金返還を支援します

山形県若者定着奨学金返還支援事業助成候補者の追加募集について(平成31年度在学者対象)

 
 山形県と新庄市は、将来の担い手となる若者の県内回帰・定着を促進するため、連携して奨学金の返還を支援します。
 平成31年度に大学等に在学見込みの方で、将来地元就職を希望する方を対象として、卒業後の日本学生支援機構への奨学金返還を支援するものです。

募集対象者

 次のすべての要件を満たす方が対象となります。

  1. 山形県内に居住し県内の高等学校、特別支援学校高等部、専修学校高等課程を卒業した方
  2. 平成31年度に県内外の大学、大学院修士課程、高等専門学校(第4学年以上)、県内の短期大学又は専修学校専門課程(以下「大学等」という。)に在学している方
  3. 日本学生支援機構 第一種奨学金(地方創生枠、市町村連携枠)又は第二種奨学金(市町村連携枠)の貸与者・貸与予定者である方
  4. 大学等を卒業後6か月以内に県内に居住・就業し、かつ3年間以上継続する見込みの方
  5. 次の対象産業分野への就業を希望する方。公務員は対象外です。
     ア 商工分野
     イ 農林水産分野
     ウ 建設分野
     エ 医療・福祉分野(医師、看護師、介護福祉士、保育士を除く)  

募集人員

  地方創生枠  7名(県全体)  市町村連携枠 2名(新庄市)
名 
  
  応募期限   1次締切 平成31年5月20日(月曜日)
         2次締切 平成31年6月20日(木曜日)
 
  下記に掲載する 各要項、申請書を確認の上ご応募ください。  

  ※地方創生枠と市町村連携枠の区分について
   ・地方創生枠は第1種奨学金の貸与が条件となります。
   ・市町村連携枠は第1種、第2種奨学金ともに対象となりますが、地方創生枠との併願はできません。
   ・助成候補者として認定された後は、地方創生枠は山形県が窓口、市町村連携枠は新庄市が窓口となります。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

教育総務課
〒996-8501 山形県新庄市沖の町10番37号
電話番号:0233-22-2111(代表)
ファクス番号:0233-22-0989

メールでのお問い合わせはこちら

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。